黒ニキビを治すには、生活環境の改善を

●治りにくい大人の黒ニキビ

黒ニキビは、脂っぽい肌の人に出来やすいと思われがちです。
確かに、脂性肌の人はニキビが出来やすく、
過剰に分泌される皮脂は黒ニキビの原因になります。
毛穴が角栓で詰まりやすいためです。

脂性肌の人は、余分な皮脂を取り除き、
常に肌を清潔な状態に保つことが、ニキビ予防になります。
しかし、黒ニキビができる原因は、他にも沢山あります。
特に大人の黒ニキビは治りにくく、原因も様々です。
生活の中でのストレスや睡眠不足、乾燥肌など様々なことが要因となります。

●水分と油分のバランスを保つことが大切

先ほど挙げた脂性肌と、
乾燥肌は真逆の肌質のような印象を受けますが、実はつながりがあります。
綺麗な肌の条件として、「水分量」と「油分量」のバランスというものがあります。
どちらかが不足していたりすると、肌トラブルにつながります。

乾燥肌は、「水分量」が不足した肌の状態を言います。
「水分量」と「油分量」を棒グラフにした場合、水分量が不足すると、
油分量の棒グラフの方が高くなりますよね。乾燥が原因で、
皮膚がべたついている人は、この状態に当たります。

このアンバランスこそが、乾燥肌が原因による黒ニキビを作るのです。
また、大人になると、肌にとってのストレスも避けては通れません。
仕事や家事・育児による睡眠不足や不規則な生活も肌ストレスの一つです。
それだけではなく、日々浴びる紫外線や、たばこの煙、
花粉やほこりなども肌ストレスになり、大人ニキビの原因になります。
大人ニキビを治すには、生活を見つめなおすことが大切です。
きちんと睡眠をとり、食事のバランスに気を付けましょう。
また、忙しくても毎朝晩の洗顔も大切です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク