黒ニキビは触ると悪化するのか

毎日のお手入れやメイクを行うとき、
鏡で自分の顔を見ていて黒ニキビがあると気になりますよね。
例えどんなに肌が潤っていてプルプルでも、
あの黒いポツポツがあるだけで嫌な気分になります。
黒ニキビは毛穴に詰まった角柱が原因ですから、
「気になるから押し出しちゃえ」と手やピンセットで押し出す人も。
確かに角柱を取り払えば黒ニキビはなくなりますが、
その方法を行うと数日後に赤く腫れたニキビが発生することも。
では何故取り払ったはずの角柱からニキビが発生するのでしょう。

考えられる原因としては角柱を押し出す作業の中で、
指やピンセットに付着した雑菌が毛穴から入ってしまい、
毛穴で雑菌が増殖してニキビに発展するケース。
手を洗うなど清潔を保っているつもりでも、
完全に無菌状態にするのは不可能。
角柱を抜いて開いたままの毛穴は雑菌が入りやすいので、
普段は防ぐことができる少しの雑菌でも入ってしまうのです。

どうしても気になる場合は市販の毛穴パックを使うのも有効ですが、
この場合も角柱を取ったあとの毛穴は開きっぱなし。
そのままにしておくと数日後には元の状態にもどります。
そこで毛穴パックで角柱を抜いたらすぐに収斂化粧水でケア。
開いた毛穴を引き締めておくことで黒ニキビの再発を防いでくれます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク