紫外線を防いで、肌老化による毛穴の開きを予防

紫外線はシワ、シミ、たるみ、くすみなどさまざまな肌老化の原因です。
老化による肌のたるみは毛穴の開きに直結するので、
防ぐためには紫外線対策が重要です。

紫外線には紫外線A波、紫外線B波、紫外線C波があり、
地上に届いているのは紫外線A波と紫外線B波です。
紫外線B波は肌表面にダメージを与えて日焼けの原因になります。
肌老化への影響が大きいのが紫外線A波です。
紫外線A波は肌の奥の真皮層にまで到達し、
コラーゲンやエラスチンを変性されてシワやたるみの原因になります。
シワの原因の9割が紫外線の影響、1割が加齢といわれています。

紫外線を浴びてすぐ目に見える変化として現れるのが日焼けですが、
目に見えないところでもダメージが蓄積しています。
一度浴びた紫外線は肌が記憶していて、数年後にシワなどとして現れます。
日焼けしてすぐはキレイな小麦色でカッコよく見えても、
いずれシワや毛穴の開きの原因となることを覚えておきましょう。

洗濯ものを干すなどごく短い時間でも紫外線のダメージが蓄積して、
数年後にシワなどの形で現れる可能性があります。
ほんの少しの時間でも紫外線対策をすることが、若々しい肌を維持する秘訣です。
日常遣いにはSPF15、PA++程度の日焼け止めを使用します。
値が大きいほど紫外線を防ぐ働きが高いですが、
肌への負担も大きくなり、日焼け止めのダメージで肌老化を進行させる可能性があります。
SPFやPAの値が高くても取れてしまったら効果を発揮しません。
頬杖をつく、髪をかき上げる、汗をかくなどで簡単に取れてしまうのでこまめに塗り直しをします。
4~5時間に1回塗り直しをすると、高い紫外線カット効果が期待できます。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク