ニキビの知識、治し方について

思春期になると黒ニキビや赤ニキビなどに関わらずニキビができやすいですよね。これは誰もが通る道です。あの人もこの人も、若い頃はニキビができていました。ニキビはれっきとした皮膚病です。尋常性座創という名前の皮膚病なんです。まずニキビの発生するメカニズムですが、毛穴に皮脂がたまり、炎症を起こすことであの赤いニキビが出来上がるんです。

しかし、疑問に思いませんか?皮脂が詰まるのはわかります。しかしなぜ炎症を起こすのか。それは、アクネ菌と呼ばれる菌が原因なんです。このアクネ菌はこの皮脂が大好きで、この皮脂を食べ増殖します。これが原因となり、炎症を引き起こすのです。

このアクネ菌を繁殖させないためには皮脂を大量に分泌させないことが第一歩です。また、思春期などはホルモンバランスが崩れ。肌の表面が硬くなります。そうなると、皮膚の入れ替わりがうまく行われずに、毛穴が詰まってしまいます。皮脂の分泌量なんて関係なく、こうなってしまえばニキビはできます。他にもゴシゴシ強く洗っていませんか?あまり強く洗いすぎると身体は自らを守ろうとするため、皮膚を硬くします。

それでは治し方です。ニキビの原因にはストレスも含まれているので、まずはストレスをためないようにしましょう。そうは言ってもなかなか難しいかもしれませんが頑張ってみて下さい。

まずニキビの原因は皮脂の分泌により毛穴が詰まることと言いました。ですので、顔を洗いましょう。間違った洗い方をするとさらに悪化するので、正しい洗顔を身につけましょう。

まずは、ぬるま湯で洗います。熱いお湯で洗ってしまうと余分な皮脂だけでなく体に必要な皮脂までも取り除いてしまうので、必ずぬるま湯で洗いましょう。次に洗顔料も気を付けることです。肌に合わなければ、肌荒れが起きます。そんな私も肌が弱く、洗顔料を使ってしまうと大変なことに・・・。そのため、私は薬用石鹸を泡立て、その泡で優しく洗っています。

また、睡眠不足、脂っこい食事などもニキビができる原因となってしまいます。しかし、どんなに気を付けようができる時はできます。その時は、そっとしておくことです。薬を塗るのは構いませんが、絶対につぶしてはいけません。つぶしてしまうと、ニキビよりレベルが上の皮膚病になる恐れがあります。

以上のようなことに気を付けることでニキビの軽減につながってきます。ニキビを作らない為に少しでも気にかけて努力してみましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク