おしりのニキビは何故できるか

ニキビは、複数の要因が複合的に絡み合いできるものです。
ストレス、睡眠不足、肌の乾燥、衣擦れなどの物理的な要因、ホルモンバランスなどが主な原因の様です。様々な要因で小さくなった毛穴に角栓がつまり、俗にいう白ニキビが発生します。

白ニキビは、人間の皮膚に住む常在菌であるマラセチア菌により悪化をし、赤く腫れた本格的なニキビになっていくようです。

また、おしりは、座ることにより負荷が体の中でも特にかかる部位ですので、デスクワークをする方は座布団を敷くなどの、負荷軽減に努めることでも症状改善に繋がります。

おしり二キビの改善方法は?
 おしり二キビが多発する場合は、皮膚科での処方を推奨しますが軽傷であれば、ビタミンCの接種により皮脂の過剰分泌を抑えることで改善します。また、ストレスや、睡眠不足を解消することで再発の予防にもつながるでしょう。

また、おしり二キビに類似した状況としまして、粉瘤というものがございます。粉瘤は、垢や脂が皮膚内部に溜まり発生する良性の腫瘍であるため、自力での治療が難しいものです。その為、二キビか粉瘤か真贋がつかず、食生活等で改善がみられない場合、専門医の受診を推奨します。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク